“給人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうにん80.0%
きふにん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第二、上等士族を給人と称し、下等士族を徒士または小役人といい、給人以上と徒士以下とは何等の事情あるも縁組したることなし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
菖助は名古屋藩の方に聞こえた宮谷家から後妻を迎えている人で、関所を預かる給人であり、砲術の指南役であり、福島でも指折りの武士の一人であった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)