“裃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみしも96.8%
がみしも2.2%
かせ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこに神輿が渡御になる。それに従う村じゅうの家々の代表者はみんなを着て、ほどに大きな菅笠のようなものをかぶっていた。
田園雑感 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そこで月代をした上へ引火奴を黒々と糊で貼り付けて出ると、一通りの調べが濟んでから、代官が衣紋を正して
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
とに心せよ、而して侍女に命下し
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)