天満宮てんまんぐう
府立病院の二等室は、其の頃疊が敷いてあつた。竹丸の母は其の二等室に入つてから、もう四ヶ月の餘にもなる。一度竹丸をよこして呉れと、度々父への便りに言つて來たけれど、父は取り合ひもしなかつた。 千代松とい …
作品に特徴的な語句
御家人ごけにん うそ 雇人やとひにん 飛白かすり 容赦ようしや 冷汗ひやあせ 母家おもや もみ 目貫めぬき 緋縮緬ひぢりめん 苗字めうじ 香奠かうでん ござ 懷中ふところ 他愛たわい 定紋ぢやうもん かつ 島田髷しまだまげ 末期まつご しやく 土器かはらけ 生首なまくび 骨董屋こつとうや 單衣ひとへ 符牒ふてふ 人心地ひとごこち 鹿島かじま 御膳ごぜん 手枕たまくら 四邊あたり 人力車じんりき 不破ふは 丁髷ちよんまげ しり 指揮さしづ 松茸まつたけ 篳篥ひちりき すた かゝ 冷酒ひやざけ 前栽せんざい 點頭うなづ 根方ねかた 丈長たけなが 團扇うちは 太腿ふともゝ 御免蒙ごめんかうむ 空手からて 大根だいこ 正行まさつら 凸凹でこぼこ 杯盤はいばん 備中びつちゆう 切先きつさき 勿體もつたい りよう 往來ゆきき 裸體はだか 郷士がうし 珠數じゆず 鐵漿おはぐろ 高天原たかまのはら 急須きふす 股立もゝだち ゆら 拍手かしはで 老木おいき 空車からぐるま 内方うちかた さしまね 一同みんな だん 相合傘あひあひがさ 眼配めくば 車夫くるまや 丹頂たんちやう 名殘なご 寢衣ねまき 居室ゐま 瓦葺かはらぶ あたり 健康ぢやうぶ 閑寂かんじやく そつ 空濠からぼり 素氣すげ 鞘當さやあて 會釋ゑしやく 空咳からぜき 何家どこ 自然石じねんせき 外出そとで 稚子みづこ 菊石あばた