天満宮てんまんぐう
府立病院の二等室は、其の頃疊が敷いてあつた。竹丸の母は其の二等室に入つてから、もう四ヶ月の餘にもなる。一度竹丸をよこして呉れと、度々父への便りに言つて來たけれど、父は取り合ひもしなかつた。 千代松といふ子供のやうな名を有つて居る人があつた。 …
作品に特徴的な語句
阿母おかん 阿母あかあ はう たら かたはら とう ひやゝ あが やゝ 乃公われ うづも とつ やはら 稚子みづこ 怖々こはごは にほひ めづ はづ 祖父おぢい 健康ぢやうぶ ゑみ さが はふ 彼方あつち ぬく 塵埃ちり 水腫うき いつ かたはら 女衆をなごし なくな いぢ 膝行にじ はづ うつぶ とつ りよう そつ かゝ 眞向まつかふ やゝ 相顧あひかへり 直轄ちよくかつ なほ 疲勞くたぶ ほど つめ くは うる くぐ 寶物たからもん 阿母おかあ おく きま 武士さむらひ 此方こつち ふくろふ 以前まへ よそ ひつじ どし 拍手かしはで 慄然ぞつ 指揮さしづ 悉皆すつかり 微笑ほゝゑ ゆら ちな しな 土器かはらけ かん 女氣をんなけ 牝猫めんねこ 瓦葺かはらぶ 定例ぢやうれい くすぶ わづら 寢臺ベツド こら したゝ やまひ