“演”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
59.0%
えん10.2%
9.6%
9.0%
4.2%
3.0%
のべ1.2%
いた0.6%
0.6%
かか0.6%
つと0.6%
のぶ0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宛然、ヒマラヤ山あたりの深い深い萬仭の谷の底で、と共に年をつた猿共が、千年に一度る芝居でも行つて見て居る樣な心地。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
可笑なお話をいたしましたが、策伝の話より、一御意ひ、其後数度御前されて新左衛門が、種々滑稽雑談じたといふ。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
いま倫敦のドルウリイ・レイン座は、エドナ・ファウバアの小説からとった、亜米利加渡来の楽劇「芝居舟」をして大当りを取っているが
我身に当った一例をべんに、沙翁の戯曲『マッチ・アズー・アバウト・ナッシング』のビートリース女の話中に出る『百笑談
伝統的な女形と云うものの型に嵌って終始している間、彼等は何と云う手に入った風で楽々とこなしていることだろう。
芝雀る、福助のるあの梅川が八十三の皺くちやになるまで生きらへてゐた事を考へるのは、恋をする者にとつて良い教訓である。
長助お光の兩人は是で此方拔目はないと小躍をして立戻り長助はちに訴訟書をぞめけるて公事は訴状面に善惡邪正
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
女「大層しますね、今度の狂言は中々大入で、私が参りましたら一杯で、尤も土曜日でございましたが、ぎっしりでございましたよ」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「それがやっぱし、珍しもの好きの江戸ッ子だからでございましょうねえ——聴けば、雪之丞とかいうのが、あんまり大評判、上々吉の舞台なので、来月も、つづけてたせるとか言っているとか申しますが——」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
そしてそれから数十年の後、それらの老優たちの名が、たしか昭和十七、八年頃かと思うが、本所の寿座にっていたようであった。何かでそれを知って、なつかしく思った事であった。
しかも大ていの場合主役をめていた清水は、決して彼自身が謙遜して言う程有名でない役者ではなかったのだから……
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
る口上に樸厚なる山家育ちのたのもしき所見えて室香嬉敷、重きをあげてよき程に挨拶すれば、女心のなるふかく。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
 らされるのね
中村仲蔵 (新字新仮名) / 山中貞雄(著)