雪之丞変化ゆきのじょうへんげ
晩秋の晴れた一日が、いつか黄昏れて、ほんのりと空を染めていた夕映も、だんだんに淡れて行く頃だ。 浅草今戸の方から、駒形の、静かな町を、小刻みな足どりで、御蔵前の方へといそぐ、女形風俗の美しい青年——鬘 …
作品に特徴的な語句
鉄瓶てつびん 気魄きはく 悧巧りこう 有頂天うちょうてん 満更まんざら 鍛冶屋かじや 面長おもなが 脾腹ひばら 修羅しゅら 女々めめ 眷属けんぞく 諏訪すわ 凄味すごみ 背戸せど 公達きんだち ます 気儘きまま 采配さいはい 御家人ごけにん 鬱憤うっぷん だこ 麾下きか そそ 御褒美ごほうび 忖度そんたく 韋駄天いだてん 披瀝ひれき 千切ちぎ 夜鷹よたか 遮二無二しゃにむに 畢生ひっせい 下卑げび 伊豆いず 脇息きょうそく 父娘おやこ 袖口そでぐち 人足ひとあし とぎ 枝折戸しおりど 爛々らんらん 逐電ちくてん 寵愛ちょうあい 人身御供ひとみごくう 楚々そそ 烏滸おこ 結城ゆうき 芙蓉ふよう 母家おもや 請合うけあ ろう 満腔まんこう 失踪しっそう ろく 唐草からくさ 飢饉ききん 家来けらい 友禅ゆうぜん 度胆どぎも くら 権柄けんぺい 凄惨せいさん 半纒ばんてん 渾身こんしん 稀薄きはく 冥土めいど 見栄みえ 重畳ちょうじょう 軽業かるわざ 中々なかなか 幸先さいさき 御法度ごはっと 頑是がんぜ 白髯はくぜん 稀代きたい 人参にんじん 堅気かたぎ 御仁ごじん 駒下駄こまげた 尾鰭おひれ 上気のぼせ 大尽だいじん 小豆あずき 思惑おもわく 成仏じょうぶつ 素袷すあわせ 草双紙くさぞうし 際立きわだ 咳払せきばら 闖入者ちんにゅうしゃ 仕来しきた 御挨拶ごあいさつ 森々しんしん 煎茶せんちゃ 詮方せんかた 非業ひごう 厭気いやけ 丑満うしみつ 一揆いっき 公方くぼう