雪之丞変化ゆきのじょうへんげ
晩秋の晴れた一日が、いつか黄昏れて、ほんのりと空を染めていた夕映も、だんだんに淡れて行く頃だ。 浅草今戸の方から、駒形の、静かな町を、小刻みな足どりで、御蔵前の方へといそぐ、女形風俗の美しい青年——鬘下地に、紫の野郎帽子、襟や袖口に、赤いも …
作品に特徴的な語句
はぶ 化粧づくり ひきしま ひっ むすめ かよ した いつ やば 周章うろ そび 家中なか まい ろう ざら 交際つきお かた そこ いたつき つこ うれ こお しり しな もくろ おく おくれ だま もと こつ 普通かいなで 耀きら かわ 退 扮装よそおい かわ おろ おくれ あだ 材料しろもの 退しざ 頂戴ちょうでえ ひび うち しあわせ しりえ あて しい ただ 囚人とりこ ぶり なま かたじけ 下々しもしも 執拗しつ きつ あら おろ づつみ はんべ ひろが 勝負でき はい ふさ さが ふとこ 耳朶みみ ささ 穿はき あま 夫婦みょうと