“敷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
70.2%
しき7.6%
しく7.6%
じき5.3%
しい4.1%
しか1.8%
1.2%
1.2%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れるへて極彩色金屏風るがく、秋草模樣は、紫苑りて、とともにへり。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と、萩乃の手が、ふろの結びめにかかった時だった。剣道修業で節くれだった門之丞の黒い手が、むずと、萩乃の白い手をおさえたのです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
御勝あそばし、寒さの御障り様もあらせられず、御さえ/″\入らせられ候御事、数々御めで度く、御よろこび申上げまゐらせ候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
門野らなくなつたから、自分の玄関の三畳へ引き取つた。障けて這入らうとすると、又縁側へ呼びされた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
左様ですツてネ——其事は私も新聞で見ましたの、——文句ばかり書いてあるので、くは解りませぬでしたが、何でも兼さんに
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
各々臥所に入たりける翌日にも成ければ武藏屋長兵衞并に長八は後藤先生へ尋ね行んと思ひ主人の長兵衞へ何ぞ土産をと相談しけるに長兵衞は遠方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と、もう其処に床がってある。夜具も郡内かだ。私が着物を脱ぐと、雪江さんがからフワリと寝衣を着せて呉れる。今晩は寒いわねえとか雪江さんがいう。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
たぶんあの眼鏡の老婆がべたものであろう。寝床の一つに、長椅子の背に顔を向けて、上衣も長靴も脱いだソーボリがすでに眠っている。残る一つが私を待っている。
(新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
『大学様、おしとねを、おて遊ばしませ』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
清兵衛は、この金を頂戴すると、第一に新しいうまやを建てた。そして、自分のすむ家は、屋根がやぶれて雨もりがするので、新築のうまやのすみに、三きばかりの部屋を作らせて
三両清兵衛と名馬朝月 (新字新仮名) / 安藤盛(著)