丹下左膳たんげさぜん02 こけ猿の巻02 こけざるのまき
さっきの雷鳴で、雨は、カラッと霽れた。 往来の水たまりに、星がうつっている。いつもなら、爪紅さした品川女郎衆の、素あしなまめかしいよい闇だけれど。 今宵は。 問屋場の油障子に、ぱっとあかるく灯がはえて、右往左往する人かげ。ものものしい宿場役 …
作品に特徴的な語句
でえ ごわ ごた ぎょう すき さむれ さんぴん まい おふくろ てん 化粧みじまい はっつ やめ やつ 仔細わけあい せい せい こん おっか かた たん だか 冥府よみじ ひれ われ ふくろ 白光はくこう あらがね えん ちゃん 退 性質ひととなり つく よわ どう 洒落しゃら きっ 死者ほとけ つぶ 硝子ギヤマン 地面した がしら さむれえ いつ ごん しょく むか ぽう ぞう やつ たか たまわ 微笑わら 後継あとめ 習慣しきたり じょう ちゅう ちん ぱく 爪弾つめび ごしら きょ しも へえ したた 態度こなし 乞食こも 一条ひとくさり かん かん ぞう ぎょう 土蔵むすめ づら こうべ つま おも ざる 死骸しげえ 殿どの しゃ ごう 蒼白まっさお おり かい 好色いたずら
題名が同じ作品
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名)林不忘 (著)
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名)林不忘 (著)