“頓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とみ46.1%
とん27.9%
やが18.1%
トン2.0%
にわか1.5%
には1.0%
にはか1.0%
0.5%
0.5%
とんに0.5%
やがて0.5%
ヒタ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鋭どい痛みを感じたように眉をしかめながら、しかしには信じかねるような良左衛門の顔に、考太夫は微笑の眼をやりながら云った。
初蕾 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
うするとその時の閣老役人達がいろ/\評議をしたと見え、長々と返辞たその返辞の中に、開鎖論と云うことをと云わない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
吾々三人馬車に乗りて其ビヽエン街に達しますと藻西太郎は丁度夕飯を初める所で妻と共に店の次の間で席にうとて居ました
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
竣工すれば全СССРの産業能率はいちじるしい増進を見、一年少くとも五百万の石炭を節約することが出来るであろう。
モスクワ印象記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
やがて眼界に開けた所へ出れば、重畳せる群山波浪のごとく起伏して、下瞰すれば鬼怒の清流真っ白く、新しきのごとく山裾ぐっている。
残燈もろくも消えて徳川氏の幕政空しく三百年の業をし、天皇親政の曙光漸くりて、大勢かに一変し、事々物々其相を改めざるはなし。
封建の揺籃恍惚たりし日本はに覚めたり。和漢の学問に牢せられたる人心は自由を呼吸せり。鉄の如くに固まれるものは泥の如くに解けたり。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
稽古襦袢立ちとった一同、みには入りかね、手に手に抜刀をひっさげて、敷居のそとに立ちすくんでいる。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
轔々蕭々行人弓箭各腰にあり。爺嬢妻子走って相送り、塵埃見えず咸陽橋。衣をき足をり道をす。哭声ただちに上って雲霄す。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
瀬戸橋畔東屋酒楼にて飲す。(中略。)楼上風涼如水。微雨来り、風光変り、水墨の画のごとし。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
折柄に近邊の人々も驚きて何故傳吉殿は召捕れしと種々評議て女房おせんを組頭百姓代共打揃ひ高田の役所へ罷り出御慈悲
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
亦た、其雉還らず。故、今に諺に「雉の使い」と云う本是なりと。『旧事紀』は曰く、世人の謂う所の「返し矢畏る可し」とは、是その縁なりと。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)