“頓智”の読み方と例文
読み方割合
とんち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身振りや言葉や逆説的な頓智滑稽な気分などを振りまいて、自分を消費しなければならなかった。そして道化歌劇を演じていた。
どこの級にも、頓智があってたいへん口が軽く、気の利いたことを言っては皆を笑わせることの好きなな生徒が一人や二人はあるものです。
大きな蝙蝠傘 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
まるで竹童の手から狐火がふりだされるようだったが、いつもの頓智ず、蛾次郎がふところにある水性のふせぎ独楽に気がつかず、ただ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)