ジャン・クリストフ12 第十巻 新しき日12 だいじっかん あたらしきひ
序 予は将に消え失せんとする一世代の悲劇を書いた。予は少しも隠そうとはしなかった、その悪徳と美徳とを、その重苦しい悲哀を、その漠とした高慢を、その勇壮な努力を、また超人間的事業の重圧の下にあるその憂苦を。その双肩の荷はすなわち、世界の一総和 …
作品に特徴的な語句
うつろ ぼう かお 覆面ヴェール くたぶ しゅ 隧道すいどう のぼ 退さが うる むな ゆる タイム かっ 歩廊プラット・ホーム はし くみ あた ゆだ 寂然じゃくねん おとしい 鉄碪てっちん 後退あとしざ 退 いと しな がさ たなごころ ゆわ かご いや 玩具がんぐ 爪先つまきき ねつ 煙管ぎせる なめ あぶ 外縁ヴェランダ 炬火きょか ひと きら 嬌態きょうたい そこな さち ゆか 彷徨ほうこう なま こわ つつ ほこ なつ とびら ひし ねじ ゆす 旋律メロディー 明日あした おぼ 枕頭ちんとう だな はしばみ 橙樹とうじゅ よわい 高跳たかとび 饒舌じょうぜつ 飛沫ひまつ 風呂ぶろ しか たぐ 顔貌がんぼう ひま つり 運動スポーツ せめ たた いさか かずら から あたた みずうみ じじい 甲斐がい まぶ ろう 若駒わかこま 脱穀ぬけがら かけ 気嫌けぎら きよ
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)