“榛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はん69.8%
はしばみ20.9%
はんのき5.8%
はり2.3%
はりのき1.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“榛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 叢書 全集 選集23.8%
文学 > フランス文学 > 小説 物語11.3%
文学 > フランス文学 > 詩7.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
水田すゐでんはんの木のあつた亀井戸かめゐどはかう云ふ梅の名所だつた為に南画なんぐわらしいおもむきを具へてゐた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
田圃たんぼはんとうはなてゝ自分じぶんさき嫩葉わかば姿すがたつてせる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
青年はそのはしばみの樹のそばの井戸の所在ありかを老人に訊いてみるが、老人はもう五十年もこの島にゐて、まだ井戸の水が湧き出すのを見ない。
鷹の井戸 (新字旧仮名) / 片山広子(著)
風鈴草ふうりんさういろつぽいの鈴、春ここにちりりんと鳴る、はしばみの樹が作る筋違骨すぢかひぼねしたうづくまる色よい少女をとめ
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
一面に青青と繁った短い笹を下草にしてかんばはんのきの類などの交ったつがの深い林である。
秋の鬼怒沼 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
白樺や、はんのきや、団栗どんぐりなどは、十月の初めがた既に黄や紅や茶褐に葉色を変じかけていた。露の玉は、そういう葉や、霜枯れ前の皺びた雑草を雨後のようにぬらしていた。
パルチザン・ウォルコフ (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
茅草ちがや・尾花の布きなびく草の海の上に、ならはりの雑木林が長濤のようにうち冠さっていた。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
かれ天皇、そのうたきを畏みて、はりの木の上に登りましき。
喜望峰のあちらからくる巻雲サアラスはりのきの枝にかれ、丸いかげを落としながら飛行船の銀の腹が、その上を通りすぎる。
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)