“鴨脚樹”の読み方と例文
読み方割合
いちょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝飯が済むと、彼は縁側に寝転ねころんで、芽ぐむばかりになった鴨脚樹いちょうの枝の間から、薄緑に晴れ渡った早春の空をながめて居た。
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
からくだいて食料を得ないまでも、これを移植しまたたねくくらいは、ただの親たちでも思いつきそうなことで、それでまたこの草の所在が民居に近く、だいたいにえのき鴨脚樹いちょうのように、有りそうな場処ばしょにばかり有るのである。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)