“鴨脚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちょう50.0%
オウキャク50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姉は話しながら裁縫の針を止めぬのである。前に鴨脚の大きい裁物板が据えられて、彩絹裁片や糸ややが順序なく四面に乱れている。女物の美しい色に、洋燈の光が明かに照り渡った。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
鴨脚、白果樹、銀杏である Ginkgo biloba L. に精子すなわち成虫(Spermatozoid)があるとの日本人の日本での発見は青天の霹靂で
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)