“香具師”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やし94.0%
こうぐし4.8%
かうぐし1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
香具師の親方の「釜無の文」は、手下の銅助を向うに廻し、いい気持に喋舌っていた。傍に檻が置いてあり、中に大鼬が眠っていた。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
どんなにが説きましても、皆様方にはりますまい。解っているのは日本で数人、信長公にこの妾に、香具師の頭に弁才坊、そんなものでございましょう。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
魚沼郡浦佐宿の大倉村の樵夫八海山に入りし時、いかにしてか白き児熊り、世にとておきしに香具師(江戸にいふ見世もの師の古風なるもの)これを買もとめ