“具足師”の読み方と例文
読み方割合
ぐそくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翁の名は、伏見掾といい、山城の生れだが、この地方へ下り工匠として移住してからは、単に野霜の翁とか、野霜の具足師とよばれている。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
住吉の具足師柳斎という者です。じつはこの奥河内のお武家や龍泉どのにも、毎度御用を
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「てまえ、具足師でございますので、さるお方の御宿所まで」
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)