“煩悩具足”の読み方と例文
読み方割合
ぼんのうぐそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
欲界の散地に生を受くる者、心の散乱しないということがござりましょうや。煩悩具足の凡夫の身がどうして妄念を止めることが出来ましょう。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この無力の自覚のゆえに煩悩具足の我々にも絶対の力が乗り移る。従って我々の行なうも善も、自ら行なうのではなくして絶対の力が我々の内に動くのである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
よくよく私はが深いのだ。私の老年になってこうなのだから、若い唯円が苦しむのも無理はない。しかし私は決して救いは疑わぬのだ。仏かねて知ろしめして煩悩具足凡夫と仰せられた。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)