出家とその弟子しゅっけとそのでし
この戯曲を信心深きわが叔母上にささぐ 極重悪人唯称仏。我亦在彼摂取中。 煩悩障眼雖不見。大悲無倦常照我。 (正信念仏偈) ——ある日のまぼろし—— 人間(地上をあゆみつつ)わしは産まれた。そして太陽の光を浴び、大気を呼吸して生きている。ほん …
作品に特徴的な語句
手巾てぬぐい そこの けが のう さいわ いっ 憂鬱ふさ 輿かご ぐし あし 囈言うわこと かお かしこ こころ 習慣しきたり かお 億劫おっこう 一向ひとむき 微妙みみょう きょく 聖人しょうにん 少女むすめ むろ 輿丁かごかき かき おさ 淡白うすじろ こうべ いた くつ つの 青丹あおたん 了然りょうねん いや 稼業しょうばい 深重じんじゅう 獲得ぎゃくとく そうら ころも きよ 襤褸つづれ くつがえ せば 診察みたて 緇衣しえ たく がき おそ しん くす 宿しゅく かたち ごう 犠牲いけにえ 安心あんじん こな ほう しん あね 決定けつじょう つか 悪戯わるさ かよ 上野こうずけ 放縦ほうしょう わたくし ふう つか つく さき きざし つら 障碍しょうげ しもべ 凶徴ふしぎ 同行どうぎょう せき 成心しょうじん あたた 錯乱しゃくらん 渦巻うずまき 処女むすめ 凡夫ぼんぶ 嘲笑ちょうしょう かみ 清水きよみず すがた 憧憬あこがれ わざわ