“清水”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しみず38.4%
きよみず25.0%
しみづ16.5%
せいすい7.3%
きよみづ6.1%
しょうず3.0%
せいすゐ1.2%
ショウズ0.6%
しやうづ0.6%
せみど0.6%
ショーズ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
純粋無垢な鏡のごとき青年、澄徹清水のごとき学生! それは神武以来任侠の熱血をもって名ある関東男児のとうとき伝統である。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
私は毎日のように夕方になるとこの町に最後の別れをするために、清水辺りから阿弥陀へかけての東山の高見へ上っていました。
蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ (新字新仮名) / 河井寛次郎(著)
静かな山のかげの、のついた石を伝つて流れる清水のやうに、わたしは澄んで音も立てずに暮してゐます、といふ意味である。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
頭の中に籠ツてゐた夜の温籠を、すツかり清水まして了ツた、さて長火鉢の前にると、恰で生まれ變ツたやうな心地だ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
立出三條の龜屋と云る旅籠屋宿りしに當所は大坂と違ひ名所古跡も多く名にし平安城の地なれば賑しきこと大方祇園清水
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
猫又谷を上りて清水岳に出るもよし、更に上流鐘釣温泉を経て、祖母谷温泉に至り、祖母谷を遡り、支流中ノ谷を上りて清水岳に出るもよい。
白馬岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
〔譯〕濁水も亦水なり、一すれば則ち清水となる。客氣も亦氣なり、一すれば則ち正氣となる。ふの工夫は、只是れ己に克つなり、只是れ禮にるなり。
そこは大蓮華山が西方の一脚、清水の尾根、二千五百何十メートルの一点だ。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
清水清水。——清水手拭ひろた、とふ。山中湯女後朝なまめかし。清水までりたるもののよし。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
青柳のはらろ川門に汝を待つと清水は汲まず立所すも (同・三五四六)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
其処の、此方から入ると入口に、清水がある。大きなけやきや藤のからみついた古木のとりかこんだ一隅の地面から清水が湧き出して来る。其を広く石でかこった場所なのである。