南洲手抄言志録なんしゅうしゅしょうげんしろく03 南洲手抄言志録03 なんしゅうしゅしょうげんしろく
一勿認游惰以爲寛裕。勿認嚴刻以爲直諒。勿認私欲以爲志願。 〔譯〕游惰を認めて以て寛裕と爲すこと勿れ。嚴刻を認めて以て直諒と爲すこと勿れ。私欲を認めて以て志願と爲すこと勿れ。 二毀譽得喪、眞是人生之雲霧、使人昏迷。一掃此雲霧、則天青日白。 〔 …
作品に特徴的な語句
なほ かへり ばう ふん じやう れう ちよく きよ かう ころ つく くわん 首肯しゆかう あへ とう たゞ もち わざはい おほ たづ くわつ こゝ まじは しや ちやう しき もん しま こゝろよ ちゆう たつと 湧出ようしゆつ ぜん 外套ぐわいとう けい きよ しやう げん せん あやふ たん るゐ まか すく くじ さう えん きよう まさ かたは 心地しんち 清水せいすゐ えん 老嫗らうをう ばう ちやう まこと おさ 負傷ふしやう ぺん 一寸いつすん いきどほり せい たゝかひ 放心はうしん 急忙きふばう くわい しよ きは とゞ こゝ くつ しやう たい とう はな たう をは らう おのづか きやう あやふ かい どう げき そむ がう いん ぼん ほう
題名が同じ作品
南洲手抄言志録:01 詠詩 (旧字旧仮名)勝海舟 (著)
南洲手抄言志録:04 佐藤一斎略伝 (旧字旧仮名)山田済斎 (著)
南洲手抄言志録:05 秋月古香略伝 (旧字旧仮名)山田済斎 (著)