“掃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
64.6%
はら22.6%
そう3.3%
はた2.8%
はい1.4%
はき1.4%
さう0.9%
0.5%
はく0.5%
はは0.5%
はろ0.5%
0.5%
ハラ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間もなく——もう雀の声が聞かれる頃、ガタン、蔵屋敷のが鳴る、寝不足そうな仲間を持ってく、用人らしい男が出てゆく。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同じ祝詞の中には、また次のような語も見えます。曰く、「国中に荒振神等を、はしに問はしたまひひに掃ひたまひて云々」
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
……のみならず、こんな皇室の在り方も正し、王政を延喜天暦の古制にして、鎌倉のごとき醜武者の府は、これを一せねばならぬ
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて半七が煙管をぽんとくと、吸い殻の火玉は転げて松のうしろに落ちたので、その火玉を追って二度目の煙草をすい付けようとする時、草のあいだに何物をか見付けた。
半七捕物帳:52 妖狐伝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
独りブックリ/\ながら出て行ッたアだ(谷)フーム何所へ行たか、目当も無い癖に(小)何だかお前様の事を言ッたアだぜ、が廊下をて居ると控所の内で谷間田は好年イして煽起エ利くッて
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
兩人が、一間三尺だしの半戸だな、床張り、突當りがガラスだしで、そこが裏山つたから、どその
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
〔譯〕毀譽得喪は、に是れ人生の雲霧、人をして昏迷せしむ。此の雲霧を一せば、則ちし。
が五六、がり/\といてはでそこをいてがり/\といては餘念もなく夕方飼料めつゝ田圃からりつゝある。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
穴市仕舞やむめの花 路圭
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
聖武天皇の天平十八年正月の日、白雪が積って数寸に至った。左大臣橘諸兄が大納言藤原豊成及び諸王諸臣をて、太上天皇(元正天皇)の御所に参候して雪をうた。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
私も、さっさと台所を片付けたいと思い、鍋は伏せ、皿小鉢は仕舞い、物置の炭をかんかん割って出し、猫の足跡もそそくさといて、上草履を脱ぎまして、奥様の御部屋へ参りました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
わたくしは毎年冬の寝覚に、落葉を掃く同じようなこの響をきくと、やはり毎年同じように、「老愁ハ葉ノ如クヘドモ尽キズ蔌蔌タル声中又秋ヲ送ル。」と言った館柳湾の句を心頭に思浮べる。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)