“煤掃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すすは35.3%
すゝは26.5%
すすはき20.6%
すゝはき11.8%
すすはら2.9%
スソハ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その年の師走の十四日、おせきの家で煤掃きをしていると、神明前の親類の店から小僧が駈けて来て、おばあさんが急病で倒れたとせた。
影を踏まれた女 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
いかに柏木一番の長者でも、差迫つて五千兩の工面は容易でないから、暮からこの春へかけて楢井家は毎日煤掃きのやうな騷ぎだ
その年の師走の十三日、おせきの煤掃をしてゐると、神明前の親類の店から小僧がけて来て、おばあさんが急病で倒れたとせた。
に其夜の九ツ時に感應院はましき最期をこそたりける名主を始め種々詮議すれば煤掃膳部より外に何にもずとの事なりて膳部を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「剣術のお稽古とは見えませぬな。まるで十二月煤掃いのようで、アッハハハ」とまた笑ったが
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もおずしやうじんは、三个日は無論厳かに実行するのだが、其数日前から、既に、そろ/\始められるので、年内に煤掃きをすまして、餅を搗くと、すつかり精進に入る。
三郷巷談 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)