“依”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
82.0%
よっ7.6%
よつ3.1%
より2.8%
たよ1.2%
よる0.6%
よれ0.6%
たの0.3%
よら0.3%
0.3%
0.3%
よつて0.3%
ヨツ0.3%
ヨリ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし、二つなり、三つなりが、いっしょにるい世界ることがあったら、たがいにってとなってらしそうじゃないか。
明るき世界へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
てかの家を彩牋堂とこじつけ候へども元より文藻に乏しき拙者出鱈目何かき名も御座候はゞ御示教願はしく万々面叙を期し申候
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
面白い、近頃落語大分流行るから、何所かで座料内職にやつたら面白からう、事にたら片商売になるかもしれない。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
て今この原書を買て持て帰て売たら何分かの御国益になろうと云うので、私にその買入方を内命したから、私が容易に承知しない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
私は自分の考えることをこの子にも言って置きたいと思って、一生他人にるようなこれまでの女の生涯のはかないことなどを話し聞かせた。
分配 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
真淵は、「円(圓)」を「国(國)」だとし、古兄氐湯気だとした。考に云、「こはまづ神武天皇紀にに、今の大和国を内つ国といひつ。さて其内つ国を、こゝになき国と書たり。 ...
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
人麻呂妻依羅娘子、与人麻呂別時歌とて、思ふなと君はいへどもあはん時いつと知てか吾こひざらんとよみしは、でにば、かの石見にて別れしは即此娘子とすべきを
人麿の妻 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
が、折角みとあってればとか便宜ってげずばなるまい。母人瀑壺のところへれてまいるがよかろう……。
て大きにび是迄何事にず御き吉兵衞樣の商賣初といひ天神丸の新艘卸傍々以て御商賣御利運に疑ひなしお目出度/\とひつゝ吉兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
静坐久し、無言の妙漸く熟す。暗寂の好味に佳境に進まんとする時、破笠弊衣の一老叟わが前に顕はれぬ。われほ無言なり。彼も唇を結びて物言はず。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
着したるは遠藤屋彌次六一號鵞湖山人なり整々として控たれば四人の者は思はずと計りに平伏す時に天一坊清爽に其方共此度予に隨身せんとの願ひ神妙に存ずるなり父上よりはりし證據の御品拜見さし許し主從の取らすべしとのの下藤井左京は彼二品を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)