“旨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うま56.1%
むね34.0%
うめ4.6%
おい1.2%
0.6%
うも0.6%
おいし0.6%
0.4%
ムネ0.4%
0.2%
あま0.2%
0.2%
ウマ0.2%
いし0.2%
みむね0.2%
むま0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
したがってしっかりした御話らしい御話をしなければならない訳でありますが、どうもそうく行かないからはなはだ御気の毒です。
中味と形式 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼らを歓迎するを述べてくれた老中牧野備後こそかつては皇帝の師傅であり現に最も皇帝の信任を受けつつある人と信じたという。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「そこでお召食る、む、これはえ。」と舌鼓、「餓鬼えめえよ。」と小児にも与えて散々に喰散らす、しからぬことなり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
千代子が一匙ずつって口へ入れてやるたびに、宵子はしい旨しいだの、ちょうだいちょうだいだのいろいろな芸をいられた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
まそうに深く吸って吐き出した煙りが、乳色のホヤをってまだ消えぬに、陰士の足音は椽側を次第に遠のいて聞えなくなった。主人夫婦は依然として熟睡している。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
健ちゃん、一遍軽井沢で蕎麦を食って御覧なさい、されたと思って。汽車のってるうちに、降りて食うんです、プラットフォームの上へ立ってね。さすが本場だけあってうがすぜ
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ああ、かった。さあ、お酌。いいえ、毒なものは上げはしません、ちょっと、ただ口をつけて頂戴。花にでも。」
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
静かに坐って居るのと違い何分にもく切れぬだから背中に縦の傷が幾個も有る一方は逃げ一方は追う内に梯子段の所まで追詰た、斯うなると死物狂い
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
右、領主庄家、一致シテ違反ナカルベキ、御上意
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と道衍とはよりに知己たり。道衍又て道士席応真を師として陰陽術数の学を受く。って道家のを知り、仙趣の微に通ず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
夏は氷盤を盛って、き血を、クリームの白きなかにし込むところにある。あるときは熱帯の奇蘭を見よがしに匂わする温室にある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
姉は茶をれる。土産の包を開くと、姉の好きな好きなシュウクリーム。これはマアおしいと姉の声。で、く一座はそれに気を取られた。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
いものを食ふのが生命保全の上に於て愉快であるから食ふのである、併し何故い乎何故愉快である乎といふ道理を究めんとするならば
進化学より見たる哲学 (旧字旧仮名) / 加藤弘之(著)
三郎さんは、台所へ駈けて行つて、牛乳壜に残つてゐる乳を、椀へうつして持つて来ました。小猫は、三郎さんの持ちそへてゐるお椀の乳を、大そうおさうにチウチウ音をたてゝ飲みました。
身代り (新字旧仮名) / 土田耕平(著)
「すべての事は神のりてかれたる神を愛する者のためにく働きて益をなすを我らは知れり」(ロマ書八の二十八)とのパウロの言は、すなわちキリスト者の実験である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
棒砂糖少し持てきたりしが、煮物に使わんことしければ、無しと答えぬ。茄子胡豆など醤油のみにて煮て来ぬ。鰹節など加えぬ味頗し。酒は麹味を脱せねどこれも旨し。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)