“粥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かゆ93.6%
カーシャ2.6%
がゆ2.6%
けえ0.4%
しゅく0.4%
カユ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ゆるいと、した蔬菜であるが、この頃ではがうまく動かないとみえ、口からこぼしたりするので、ずいぶん時間がかかる。
竹柏記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
玉菜汁を鱈腹つめこみ、一同を誰彼なしに、手癖が悪いの、身持がよくないのと罵りちらしておいてから、自分の部屋へと戻った。
救いの状況を一巡見て、館へ帰ると、彼は、いつになく、疲労の色をたたえていた。今暁、一睡はしているのに、なぜかひどく気力がふるわない。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先刻おつうにのおいてつてそれでもやつとんだところだよ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
上首の一人 ——に十の利あり、には三くるもの、いやしくもこの理を忘るるれ。
阿難と呪術師の娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ケガジは饑饉、ホイドは乞食、ケエはで発音は英語 cake(菓子)の ca に近い。子供などがものをガツガツ貪り喰ふ場合に、たしなめる言葉として此の言葉を用ひる。
津軽地方特有の俚諺 (新字旧仮名) / 福士幸次郎(著)