死せる魂しせるたましい01 または チチコフの遍歴 第一部 第一分冊01 または チチコフのへんれき だいいちぶ だいいちぶんさつ
県庁所在地のNNという市の或る旅館の門へ、弾機つきのかなり綺麗な小型の半蓋馬車が乗りこんで来た。それは退職の陸軍中佐か二等大尉、乃至は百人ぐらいの農奴を持っている地主といった、まあ一口に言えば、中流どころの紳士と呼ばれるような独身者がよく乗 …
作品に特徴的な語句
彼女これ 阿母おば ツー どめ 交際ゆきき 失策へま あてが むく てえ 阿父おとっつ また いかつ 真実まっとう ぎり たば いと 給仕ポロウォイ しばたた こう 習慣くせ だて えい しわ めく 部屋なか うけた しわ 牝馬めす 血統たね 地面した 寛衣ガウン 秩序しまり まぶ まし 懐中ぽっぽ 良人やど 夜具やぎ たい くしゃ 旋風かぜ うつ やつ うた 油燈ランプ あま どや はし 夫婦いっしょ 斜面さか ののしり 祖父じじい 前々まえまえ くす 毛氈フェルト かん ぎょう 相識ちかづき くた かぶり ため びさし づら 小魚ざこ 一体いってい とん 蝟集かた めえ 接待もてなし 紹介ひきあわ 粗剛そごう 疼々ずきずき 費用ものいり 菜園はたけ おろそ しず めず 退さが 上置うわおき 先方せんぽう いち 繊弱ひよわ こうべ 能力はたらき くだ
題名が同じ作品