“吠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
93.9%
ほえ1.6%
ほざ1.2%
うな0.8%
0.8%
うた0.4%
うなり0.4%
0.4%
べい0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その大男が、獅子えるような声でしゃべっているのですが、何を言っているのかサッパリわかりません。日本語ではないのです。
新宝島 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「犬にゃ眠り病もないらしいね、しかしどういうもんか向うに行くと神経質になって、てばかりいて困ったが……」
睡魔 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
この妾の心! ああやっぱり恋かしら? ……恋なら恋でままよ! その恋ひたむきにとげるまでよ! ……いたな小娘! 頼母様とは将来を誓約った仲と! ……まことなりや
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それに、あんまり山が物凄いので、その白熊のやうな犬が、二疋いつしよにめまひを起して、しばらくつて、それから泡を吐いて死んでしまひました。
注文の多い料理店 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
撃柝の音は坂や邸の多い堯の家のあたりを、微妙に変わってゆく反響の工合で、それが通ってゆく先ざきを髣髴させた。肺のむ音だと思っていたかな犬の遠え。——堯には夜番が見える。
冬の日 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
一匹のやつは首を天へ向けて、何かそれに対して給金でも貰っているように一生懸命に、長く声を引き伸ばしながら吠えた。すると次ぎのが早速後をうけて、まるで寺男のようにい出す。
嫂の鼓膜には肝腎の「松門」さえ人間としてよりもむしろ獣類のとして不快に響いたらしい。自分はかねてからこの「景清」というに興味を持っていた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
敷台へ前脚をかけ、頻に尾を振り、いた。
蓮花図 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
漢詩では蛙の鳴くことを蛙鳴といい蛙吠というが、の字は必ずしも平仄の都合ばかりでなく、実際にも吠ゆるという方が適切であるかも知れないと、私はこの時初めて感じた。
二階から (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)