新宝島しんたからじま
この物語は、大東亜戦争勃発以前、昭和十五年度に執筆したものであるが、当時既に我々の南方諸島への関心は日に日に高まりつつあったので、その心持が、物語の舞台を南洋に選ばせたものであろう。又当時は対米貿易の行われている頃で、短時日に出来るだけ多く …
作品に特徴的な語句
いき ゆるし たすけ おそれ 前後まえうしろ 居眠いねむり すくい しょう 索綱ひきづな さか におい ばけ ぎし じま たいら ななめ 木切きぎれ 木登きのぼり じに ながれ 渦巻うずまき 生虜いけどり いのり かんがえ 舵手コクスン ついや きん 金色きんいろ ひら しお 一縷いちる 上海シャンハイ うち くし 介抱かいほう かぶと 入墨いれずみ 入用いりよう ところ とつ 利目ききめ 刷毛はけ 剃刀かみそり 勃発ぼっぱつ いきおい 台湾たいわん 右左みぎひだり のど すわ かき 埴輪はにわ ほか 天狗てんぐ うち むし 小父おじ もっと 工夫くふう 帆桁ほげた 帆船はんせん のぼり さいわい 弾丸たま 徽章きしょう しょう ふさ おが 挺子てこ つか 支那しな はす かた 日々にちにち 日数ひかず 日覆ひおおい 智慧ちえ 最期さいご のぞみ 木蔦きづた はて 栗鼠りす 桟橋さんばし 梯子はしご 椰子やし かい 歩哨ほしょう 歯朶しだ こと ふち 瀕死ひんし 烟突えんとつ ほのお 燈火ともしび