“寧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むし78.3%
むしろ6.7%
いっ5.5%
いつ3.9%
いつそ1.1%
いっそ0.8%
ねい0.8%
0.8%
やす0.5%
いずく0.2%
なん0.2%
いッ0.2%
0.2%
いずくん0.2%
いづく0.2%
いツそ0.2%
やすらけ0.2%
ナン0.2%
ムシ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それよりろ、頭のどこかに俳画と云ふものと、値段の安いと云ふ事とを結びつけるものが、め存在したと云つた方が適当である。
俳画展覧会を観て (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
どうぞ是非一ついてきたい、とうのは、はそうであるから、病院られた得策であろうとえたのです。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
お葉は覚悟をめた。𤢖見たような奴等の玩弄になる位ならば、そ死んだ方がである。彼女は足の向く方へと遮二無二と進んだ。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そこりや貴方に御願ひ申して、手短く書いて頂きたいと思ひまして——どうして女の手紙といふものは斯う用がらないのでせう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
突合せて種々相談なせども何分思案に及ばぬゆゑのこと天にも地にも掛代なき手の中の玉となしたる娘のお幸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「そうですねえ。のこと病気にでもなって、死んででもくれればホットするのですが、あれ一人は一度も病気もしませんし……」
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
師の名は疎石夢窓と号して、会下に参じ、仏国禅師の法脈をつぎ、今や、五山第一のえもあるとか。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が、としては天狗さんの力量くよりも、しろそのくまで天真爛漫無邪気さに感服していました。
已来秋稼に至り風雨ひて五穀豊かにれり。此れち誠をし願をくこと、霊貺答ふるが如し。れ、載ち惶れて以てみするとき無し。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
徳川氏の天下を治めたる文教の力りて大ならずとせず。んぞ知らんや、この文教なるものは封建制度を寸断する危険なる分子をその中に含まんとは。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
るに奸臣斉泰黄子澄、禍心を包蔵し、の五弟、数年ならずして、並びに削奪せられぬ、むべし、闔室みずからく、聖仁に在り、に忍ばん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「この場に成てそうとぼけなくッても宜いじゃ有りませんか。そ別れるものなら……綺麗に……別れようじゃ……有りませんか……」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
……これはっその事、思い切って、アルマ、マチラの二人を呼び出して、同時にレミヤに引き合わせた方が早道になりはしまいか。
霊感! (新字新仮名) / 夢野久作(著)
余ヤ土陽僻陬ノ郷ニ生レ幼時早ク我父母ヲヒ後初メテ学ノ門ニ入リ好ンデ草木ノ事ヲ歳華ノ改マルヲ知ラズ其間斯学ノタメニハ我父祖ノ業ヲ廃シ我世襲ノ産ヲ傾ケ今ハ既ニ貧富地ヲ疇昔煖飽ハ亦レノ辺ニカ在ル蟋蟀鳴キテ妻子ハ其衣ノ薄キヲ訴ヘ米櫃乏ヲ告ゲテ釜中時ニ魚ヲ生ズ心情紛々ゾ俗塵ノ外ニ超然タルヲ
偉大なる思想は一投手、一挙足の間に発生すべきにあらず、んぞ知らん、一国民の耐久的修養の力なるものをつにあらざれば、蓊欝たる大樹の如き思想は到底期すべからざるを。
国民と思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
「阿父さんが那如してゐたんぢや、幾ら稼いだツて到底遣切れやしないわ。もう家を飛出して了はうかも思ふこともあるけれども……」
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
て欠けたるをうせしめんの大御誓をもて国土百姓をく恵ませ給ふとなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
岑参の西安幕府に在るの詩に云ふ、ラン故園月、鉄関西と。韋応物作郡の時亦た詩あり云ふ、ラン故園月、今夕在西楼と。
ロ京師ニ上リ訴フル所アラント、二月上旬、東山道ヲ発ス。将門、ヲシテ、我ガ上京ヲ知リ、軽兵百余騎、疾風ノ如ク追躡シ来ル。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)