平の将門たいらのまさかど
原始のすがたから、徐々に、人間のすむ大地へ。 坂東平野は、いま、大きく、移りかけていた。 ——ために、太古からの自然も、ようやく、あちこち、痍だらけになり、まぬがれぬ脱皮を、苦悶するように、この大平原を遠く繞る、富士も浅間も那須ヶ岳も、硫黄 …
作品に特徴的な語句
わい タヒラノ クツガ まう みちび ムシ ツチクレ 容貌かんばせ くろ おんな たいらの 使 メン シノビ サキ かか ほう かみ こと タイ かかずら 禁厭ものい かず えん てて さかん だく 女童めのわらべ あが ハラヘ しる ジヨ どけ 追躡ツイデフ 退 じょ いね 奴隷ひと 宿酔わるよい なま ちが ゆう 誘拐かどわ 白痴うつけ 所謂いわれ こう まわ 漁夫すなどり 仲介なかだ おとの じじ をし かざ へい 河畔ほとり みの たく 繁盛しげもり ごしら あげ 羞恥はにかみ もの 地震なえ しも 悪気さむけ 行方なめかた とう 春日しゅんじつ 信太しのだ たかし ぎぬ おさ おも むろ 帯刀たちはき ぶみ