平の将門たいらのまさかど
原始のすがたから、徐々に、人間のすむ大地へ。 坂東平野は、いま、大きく、移りかけていた。 ——ために、太古からの自然も、ようやく、あちこち、痍だらけになり、まぬがれぬ脱皮を、苦悶するように、この大平原 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 夜叉やしゃ 敵愾心てきがいしん 深傷ふかで やじり 凄味すごみ 諏訪すわ 鬱憤うっぷん 公達きんだち 陸奥みちのく 一喝いっかつ ひえ 麾下きか よし 下野しもつけ 畢生ひっせい 布令ふれ 結城ゆうき 譴責けんせき 秩父ちちぶ あかね かけひ 耄碌もうろく 謀叛ムホン くりや 喊声かんせい いた 峻厳しゅんげん 裳裾もすそ 不逞ふてい 飢饉ききん 困憊こんぱい 筑紫つくし 近衛このえ 筑波つくば 貪欲どんよく 嫡子ちゃくし 禰宜ねぎ 言下げんか 叡山えいざん 未曾有みぞう 脚気かっけ 跳梁ちょうりょう 追々おいおい 渺茫びょうぼう 慴伏しょうふく げき 舎人とねり 讒訴ざんそ 丑満うしみつ 泥鰌どじょう 臙脂べに 曲輪ぐるわ 酸鼻さんび 冤罪えんざい ねぎら 足掻あが 空蝉うつせみ 阿鼻叫喚あびきょうかん とばり 千々ちぢ 寒気さむけ ほこ 歪曲わいきょく 烽火のろし 畏怖いふ ひぐらし 土器かわらけ 碓氷うすい 神酒みき 忍辱にんにく 総帥そうすい 新手あらて 采女うねめ 孜々しし 床下ゆかした 晏如あんじょ 渡殿わたどの しゃく 面憎つらにく 香炉こうろ ばく 幾年いくとせ しとみ 凄愴せいそう 糾合きゅうごう 咆哮ほうこう 愛娘まなむすめ おどし やく 七歳ななつ 老獪ろうかい 遊蕩ゆうとう 和子わこ 弱音よわね 成敗せいばい 木霊こだま 紊乱びんらん