“容貌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ようぼう34.2%
きりょう31.4%
きりやう8.1%
ようばう2.9%
かお2.9%
きりよう2.5%
かおだち2.5%
かおかたち2.3%
かほ1.4%
みめ1.4%
かほつき1.1%
おもばせ1.1%
かたち1.1%
かおつき0.9%
かほかたち0.7%
みめかたち0.7%
かんばせ0.7%
おもざし0.5%
おもて0.5%
すがた0.5%
おもかげ0.2%
おんな0.2%
かおだ0.2%
かほかた0.2%
かほたち0.2%
きれう0.2%
こがら0.2%
さまかたち0.2%
しろもの0.2%
そっぽ0.2%
そつぼう0.2%
なりかたち0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姉の方は細面で妹の方はまる顔であったが、どちらも品のある容貌をしていた。姉の方は田中良画伯の描く女性にそっくりであった。
安い頭 (新字新仮名) / 小山清(著)
「あいにく病気だと云うのですよ、でも大丈夫ですよ、すこし容貌はよくないが、縫物が上手で、手も旨いし、人柄は至極柔和だし」
四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
蒼白い顏が少し弱々しく見えますが、粗末な身扮に似合はぬ美しさで、存分にはせたら、お喜多にらぬ容貌になるでせう。
えずすやうな隱蔽した心裏られまいといふやうな、不見目容貌村落必要じてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
炎のような憎悪!——普通の容貌をしている者への、強いにくしみ——それが、大次の眼光に、道場での木太刀取りに、突き刺すように感じられる。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
海草のいかゞはしき乞食さへにはたず行過るぞかし、容貌よき女太夫にかくれぬしのせながら、喉自慢腕自慢
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
木々のもふく春に向いて、嬰児の手足は、日ごとにまろくなって行った。父の血をうけて、この子も意志強い容貌していた。
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
運わるく、そのなかに、伊那丸の容貌を見おぼえていた者があった。かれらは、おもわぬ大獲物に、武者ぶるいをじえない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
樽野は今更のやうに大ちやんの容貌が祖父似であることを知つた。そして大ちやんも年をとつたな——などと思つた。
鶴がゐた家 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
女は容貌形ばかりくっても心掛が悪くっては何にもなりませんが、此のお花さんは海も山も備わった、実にんとも云えないい娘で
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そりやあ、もう、新平民か新平民で無いかは容貌で解る。それに君、社会から度外にされて居るもんだから、性質が非常にんで居るサ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
『はあ。』と答へた時は若々しい血潮がにお志保の頬に上つた。そのすこし羞恥を含んだ色は一層容貌を娘らしくして見せた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
この山とこの池とは二重に反対した暗示をった容貌を上下に向け合っている、春の雪が解けて、池に小波立つときだけやかに莞爾する
梓川の上流 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
自分ながら嫌気のするような容貌をもう一度映しなおして見た、岸に咲きみだれた藤袴の花が、私の影にそうて優しい姿を水に投げている。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
新吉原江戸町一丁目玉屋山三郎の方へ申こみ目見えを致させけるに容貌も十人れしかば大いに氣にだん/\懸合一ぱい金五十兩と相談を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
女は容貌も美しかったので、かかる才能と共に、輩下の部落の土民の間でめものにされた。ふた親にとっては自慢の総領娘となった。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
すでに日も経ているらしいが、その装束も尋常女性とは思われないし、なお、生けるままな容貌白玕のように美しかった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
娘も美しいと言いたいが、さて強いと言った方が至当で、活々とした容貌のものが多い。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
眼鏡越しに是方を眺める青木の眼付の若々しさ、往時可懐しがる布施の容貌れた真実——いずれも原の身にとっては追懐の種であった。
並木 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
しかし、仏さまのうちには、不動明王というような、見るからにいかにも恐ろしい仏もあります。「あれでも仏さまか」と疑うほどの恐ろしいお容貌の仏さまがあるのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
いざ雪ふらば降れ、風ふかば吹け、我が方寸の海に波さわぎて、沖の釣舟おもひも乱れんか、ぎたる空になく春日のどかになりなん胸か、桜町が殿の容貌も今は飽くまで胸にうかべん。
軒もる月 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
○「へえーに居たんだね、容貌うごぜえやしたろうね、容貌は」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
苦境に捨てて、後は何うでもなれというお考えでは御座いますまい。口の巧い、容貌ちのい男に限って軽薄なもの。——永い行末に、御後悔をなされますなよ
夕顔の門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見て愛惡の心生ずるは是人情なり然すれば知らず/\依顧贔屓沙汰にも成ゆくにより心に親疎のなきやうにとりて訴訟を聽れたりとぞ何さま容貌にやさしく見えると雖も心に惡を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
清浦奎吾氏は持前の容貌が、頭は尖つてゐるし、眼は小さし、余りどつとしないので、せめて態度にでもしつかりしたが無くつちやと
容貌い。赤ん坊の時から二人の女中が瑞木の方を抱きたいと云つて喧嘩をしたりなどもした。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
大業な事を云うから、小瀧も此の茂之助を金の有る人と思いますと、容貌も余り悪くはなし、年齢は三十三で温和やかな人ゆえ、此の人にり付けば私の身の上も何うか成るだろうと云うと
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
くは何者ぞと問へば此家の娘なりといふ容貌も温泉にひて清げならん年は幾許ぞ。
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
してはすなれど夫よりは近所ゆゑ湯に入てるがよいお文も父と共にべしと辯舌利口を以て口車に乘せ金のと思ふのお文は如何なる容貌かとお文が仰向
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
……窩人窩人で城下の奴らが鬼のように恐れているその窩人の娘とあっては、ちょっと好奇心も起ころうというものだ。それに容貌だって相当踏める。変わった味だってあるだろう。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「何さ。為体の知れねえっかきだからのう、容貌見識っとく分にゃ怪我はあるめえってことよ。うん、それよりゃあ彦、手前の種ってえのを蒸返し承わろうじゃねえか。」