駅夫日記えきふにっき
私は十八歳、他人は一生の春というこの若い盛りを、これはまた何として情ない姿だろう、項垂れてじっと考えながら、多摩川砂利の敷いてある線路を私はプラットホームの方へ歩いたが、今さらのように自分の着ている小倉の洋服の脂垢に見る影もなく穢れたのが眼 …
作品に特徴的な語句
化粧よそおい くら 可憐かあい 容貌かおつき クラス 母親おっかあ 相対むきあ 寂寥さみしさ なか 交代かわりばん 朋友なかま みかえ ぎたな 幸福さいわい 生存ながらえ 父親ちゃん にじ 寂寥ひっそり 詐欺いつわり かた ドアー 心象まぼろし 同志なかま 老婆ばあさん ラッチ うなず 争闘いさかい いざの 知己しりびと 全然まるきり 角燈ランプ 前途ゆくさき よご うも 附属つけたり せい 波濤おおなみ 白樫めがし 整理しまつ 事故こと 調和おりあい 誹謗そしり かおり 期待まちもうけ 未来ゆくすえ 破壊くず 破滅やぶれ 嫉妬ねたみ 追懐おもい 逍遙そぞろあるき 憂愁うれい 邪道よこみち 危険あぶない 原因わけ 夕照ゆうやけ 酔漢えいどれ 微酔ほろよ むさ いた 煩悶わずらい 機会はずみ 思想おもい 草藤ベッチ かた 氷雪みぞれ 調停とりな 寂寞ひっそり 孤独ひとりみ 追懐おもいで 親類みより 彷徨うろつ 女房かみさん 失敗しくじり 欄干おばしま 紀念おもいで 大概あらまし つま 基督きりすと 城廓しろ ささ 祖先じいさん 危険あぶな つま かず 禿かむろ そよ 苦悩なやみ 知己しりあい 苜蓿クロバー 労働しごと ステッキ 曠野ひろの