“氷雪”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひょうせつ60.0%
ひようせつ20.0%
みぞれ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“氷雪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だから、温帯では春夏秋冬がいい割合に訪れて生物をやわらげてくれるが、赤道附近では一年中が夏であり、極地附近は一年中が氷雪ひょうせつじこめられている。
さすが、顕家の麾下きかも、ここでは苦戦の足ぶみを余儀なくされた。——いつか冬にも入り、坂東ばんどう平野の氷雪ひょうせつになやまされることも、たびたびだった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれなが時間じかん氷雪ひようせつあひだわたつたのち
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それでなければ彼等かれら氷雪ひようせつため枯死こしせねばならぬ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
日あたりのいい停車場の廊下に来て、うずくまっては例の子守女にからかわれている、雪の降る日、氷雪みぞれの日、少年は人力車夫の待合に行って焚火たきびにあたることを許される。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)