“冬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふゆ99.5%
ゆふ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高窓障子に、があたると、ブー、ブーといって、りました。もうづいていたので、いつもかったのです。
風はささやく (新字新仮名) / 小川未明(著)
さうしたどられたも、ると、すっかりがおちつくして、まるでばかりのようなしい姿になり
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
しかし、となって、もりるころになると、西に、またしても、ありありと牛女姿れました。人々子供らは牛女のうわさでもちきりました。
牛女 (新字新仮名) / 小川未明(著)