森林と樹木と動物しんりんとじゅもくとどうぶつ
森林とは山や丘の一面に、こんもり木が生え茂つて、大きな深い林となつてゐる状態をいふのです。われ/\の遠い/\最初の祖先が、はじめてこの地球上に現れたころには、森林は、そのまゝ人間の住みかでもあり、また食べ物の出どころでもありました。たゞ今で …
作品に特徴的な語句
おん きゆう かを きめ 呼吸こきゆう はん だん 日光につこう 習慣しゆうかん 中央ちゆうおう あらは 紅色こうしよく 丈夫じようぶ 上手じようず 平常へいじよう おろ 頂上ちようじよう 居住きよじゆう 永久えいきゆう しほ 生長せいちよう きは 榕樹がじゆまる をは うへ かん さが とゞ あたゝ 中間ちゆうかん たつと 表面ひようめん ばか 東京とうきよう ちよう 臆病おくびよう 状態じようたい ゐのしゝ 一方いつぽう 竿ざを 競技きようぎ さへ やはらか やは 年中ねんじゆう 喬木きようぼく かは あたゝ 山上さんじよう 野猪ゐのしゝ 絶頂ぜつちよう 中旬ちゆうじゆん しゆ 景色かしき まへ しつ 五月ごがつ 百姓ひやくしよう わづか など 雨水うすい 材料ざいりよう 果實かじつ 陽炎かげらふ 全然ぜんぜん 蒲葵びろー のぞ たと 山頂さんちよう たひら 橋梁きようりよう 結果けつか あひだ 正月しようがつ ぐら とざ るい 水泳みづおよ さいはひ 京都きようと 食物しよくもつ ちひ 行幸ぎようこう おほ 珈琲こーひー 上旬じようじゆん 十分じゆうぶん 一月いちがつ 上部じようぶ こん 黄緑こうりよく おほ つら よう 中腹ちゆうふく