“一方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとかた70.4%
いつぱう9.7%
いっぽう6.5%
かた/\5.9%
いつぽう4.8%
いつはう0.5%
かたかた0.5%
かたへ0.5%
かた/″\0.5%
ひとり0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一喝して首筋をみたる様子にて、の内外一方ならず騒擾し、表門警護の看守巡査は、いずれも抜剣にて非常をめしほどなりき。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
横手桟敷裏から引幕一方にさし込む夕陽の光が、の進み入る道筋だけ、空中に煙草をばあり/\と眼に見せる。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
男の子たちがこんなふうに批評している一方では、女の子はまた女の子らしく、少しちがった見方で、話がはずみだしている。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
三「解らないよ、泥濘へ踏込んでも、どっこい悪い処へ来たとへ身体を引いて、一方の足は汚さねえと云う方だが」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
(ロ)水源涵養。 森林はかように雨量調節することが出來ると同時一方では水源ひとなり、河水れるのをぎます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
一方よく一方はきものとくははり何方すてられぬ花紅葉はなけれど松野あはれなり、りとて竹村さしき姿えもしたれ、からぬ御志なさよ
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一方の心が歓ぶ時には他方の心も共に歓び、一方の心が悲しむ時には他方の心も共に悲しみ、一方の心が楽しむ時には他方の心も共に楽み、一方の心が苦しむ時には他方の心も共に苦しみ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
りつめつ一方かせんと一方見張りをにしてひも一筋小刀一挺れさせるなしてをつけよと氣配眼配大方ならねば召使ひの
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
無惨や右内は乳の上を打抜かれて一度は倒れましたが、一方へ刀一方へ草を掴んで立上り、足を爪立て身をわせ、ウーンと云いながら、がら/\と血を吐き出しますと
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
……石段下のそこの小店のおさんの話ですが、山王様の奥が深い森で、その奥に桔梗ヶ原という、原の中に、桔梗の池というのがあって、その池に、お一方
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)