すみだ川すみだがわ
俳諧師松風庵蘿月は今戸で常磐津の師匠をしてゐる実の妹をば今年は盂蘭盆にもたづねずにしまつたので毎日その事のみ気にしてゐる。然し日盛りの暑さにはさすがに家を出かねて夕方になるのを待つ。夕方になると竹垣に朝顔のからんだ勝手口で行水をつかつた後其 …
作品に特徴的な語句
とツ 師匠ツしよ こツ ぢゝ わたい おつか なだれ はや 上下あがりお どま 動揺ゆらめ ちやう とゞま 家中いへぢゆう せは うらゝか おり 申出まをしだ むかう おほき 斜向すぢむかう なほ 燈火とうくわ たつ うち どう よそ 通過とほりこ とに ぢやう 湿気しつけ ちが うらゝ おろ かう あらは 悲愁ひしふ 棺桶くわんおけ いづ きは 女房にようぼ くもら はた なゝ ちひさ たら 臭気しうき あやふ 物珍ものめづら うへ 相応さうおう いそが そつ でふ 上手うはて 突掛つゝか をは さが 一寸いつすん 彼方あつち とま かゝ あせ いたづら 容貌ようばう 人通ひとゞほ 歩調あゆみ かは にぎは うらめ 塵埃ぢんあい とほざ はぢ 度々たんび にはとり 待合まちあは いぢ 最中さいちゆう あはれ はぢ つゝみ やはら 大通おほどほ 音響おんきやう あぢは やう をは まへ あやぶ おそろ はづ 桜花あうくわ つるし たゝみ うた 巡査おまはり 夕方ゆふかた
題名が同じ作品
すみだ川 (新字新仮名)永井荷風 (著)