すみだ川すみだがわ
俳諧師松風庵蘿月は今戸で常磐津の師匠をしている実の妹をば今年は盂蘭盆にもたずねずにしまったので毎日その事のみ気にしている。しかし日盛りの暑さにはさすがに家を出かねて夕方になるのを待つ。夕方になると竹垣に朝顔のからんだ勝手口で行水をつかった後 …
作品に特徴的な語句
なだれ わたい 上下あがりお はや 動揺ゆらめ おり さえざ ちょう うた うち おっか せわ よそ 師匠っしょ とどま ちが おろ たっ いそが たら うららか じじ 斜向すじむこう くもら はた なお こっ さが 家中いえじゅう 待合まちあわ あせ うらめ あやぶ つるし あらわ やっ もと 度々たんび 通過とおりこ あきらか ちいさ とま 歩調あゆみ じょう なめらか ふり つかま あわ さかさ 女房にょうぼ しるす つき あかる おおき すご そっ およば つめた 寂々しんしん しん あれ なつか むろ はじ いで さかり 風采みなり おき つつみ きま ひるが 申出もうしだ いち 彼方あっち せん わかれ おどろか とおざ はず むくい 乃公おいら 如何どう 烟筒けむだし 片側かたかわ 車夫しゃふ 夜明よあか うしろ ふり のば すぎ 扮装なり うち 燈火とうか 内儀ないぎ ぱら そう くびす
題名が同じ作品
すみだ川 (新字旧仮名)永井荷風 (著)