“駈出”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かけだ84.0%
かけいだ6.2%
かけい4.9%
かけいだし1.2%
かけいで1.2%
かけだし1.2%
かりだ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(我慢なさい。こんな事をしていちゃ、生命にも障りましょう。血の池でも針の山でも構わず駈出して行って支度してに来ます。)
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
貴女ちょいと。」失礼といいもあえず、夫人はずるずると引摺り、玄関へ駈出したまう。「ああだもの。」と歎息して、綾子は後に思案投首。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
されどもは聞かざる真似して、手早くを外さんとなしける時、手燭片手に駈出でて、むずと帯際を引捉え、掴戻せる老人あり。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
拍てオヽ然樣かたりと云ながら店へ駈出ければ女共は彌々が分らずてぞ居たりける是出しの事ゆゑや弟長兵衞が年の押迫つて來やうとは思はずも是まで平常逢度ふ一心より九死一生の大病なりと手紙に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
病後夫が召捕られしよりハツと逆上なしりしかば長家中皆々番もすれとももすれば駈出てあらぬことどもり廻るにぞ是非なく家主兵衞并に組合より願ひ出けるに先達て御召捕に相成候庄兵衞の妻亂心仕つり町内にて種々と介抱養生仕つり候へども晝夜安心相成ず難儀至極に付何卒御奉行樣にて入牢仰付られ候へば町内一同有難仕合と申ける是れは
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ぴんからきりまで心得て穴熊毛綱手品にかゝる我ならねば負くるりの者にはあらずと駈出して三日帰らず、四日帰らず、は松本善光寺又は飯田高遠あたりの賭場あるき
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
別に駈出すの、手がるのって事はなかったんだそうですけれど、たださえ細った食が、もうまるっきり通りますまい。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)