沼夫人ぬまふじん
「ああ、奥さん、」 と言った自分の声に、ふと目が覚めると……室内は真暗で黒白が分らぬ。寝てから大分の時が経ったらしくもあるし、つい今しがた現々したかとも思われる。 その現々たるや、意味のごとく曖昧で、虚気としていたのか、ぼうとなっていたのか …
作品に特徴的な語句
可憐しおらし どけ ばら じょ 大概おはず ゆり かか から こころ かか あわい のさ 室内まのうち づまり やど おおい おもて 葬式おとむらい 上下のぼりくだり いつ かか さそい きさま なあに まとま 仕損しそこない あふれ ちらか うま 商家あきんどや 寛容ゆったり くぐり ぬぐい うつくし いい びく あたらし 仕損しそくな おそろし せなか 突掛つッかか 頭髪ずはつ おおい じき そなわ 種々いろん 機会きっかけ 逡巡たじろ あかり うら うしろ 爽快さっぱり うり おつ 此方このほう いで よし さが 可怪あや そま かぶり とこ いさみ 医師せんせい ここ まつわ 燃料もえくさ おら がり はま あせ うねり 思慮かんがえ しまい しぼ かつ まき なり とど おそれ すき やぶれ 萱草かやくさ きもの しも こと はな ほしいまま 怯気びく さま くぎ 車夫わかいしゅ まさ きれ おおき 引掛ひっかけ