“拭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
48.1%
ぬぐ48.0%
ふき1.0%
のご0.6%
0.6%
ぬぐひ0.6%
ふい0.6%
ぬぐい0.3%
たへ0.1%
0.1%
ぬぐへ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日あたりのいいヴェランダに小鳥のるすとかして、台所の用事や、き掃除をさせるために女中の一人も置いたらどうだろう。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
しかるときは赤ペンキはち自動車をベタベタに染め、運転手が驚きてわんとすれども中々おちぬところに新種ペンキの特長あり。
発明小僧 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
つゝしかくれば長庵はと目をひ涙に聲をらせての病は是非もなし世の成行斷念めよ我とてはへ金は有ざれども融通さへ成事なら用立遣度と手紙を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ますらをとへる水茎水城のうへにはむ 〔巻六・九六八〕 大伴旅人
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
不思議なことには、熱い涙が人知れず其顔を流れるといふ様子で、時々り上げたり、と鼻をんだりした。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
こゝに扶桑第一の富士をいだせり、そのさま雪の一握りをが如し。人々手を、奇なりとび妙なりと称讃す。千応接するにあらず。
ノドケにはの中をテレビン油でます。それは筆の代りに鳥の羽の中ほどをむしって先の方を位なちに残してテレビン油をつけて喉の中をグルリと拭くのです。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
時に五助は反故紙いてした剃刀をかけたが、持直してへ。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
結びて手拭布子端折片手びし岡持下げ足元輕く立歸る老婆は長屋の糊賣お金營業仕舞て這入來姿
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
太吉は覚えず身戦いすると、北の方から黒雲が自分の後を追って来た。く間にぐったように星晴のしていた空は曇って、星の光りが遠く遠くんだ。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
金中の虫は肉眼におよばざる冥塵のごとき虫ゆゑに人これをしらず。およそ銅銕はじめは虫をず、虫の生じたるず。しば/\これをば虫をころすゆゑ其所ず。