越後の冬えちごのふゆ
小舎は山の上にあった。幾年か雨風に打たれたので、壁板には穴が明き、窓は壊れて、赤い壁の地膚が露われて、家根は灰色に板が朽ちて処々に莚を掩せて、その上に石が載せられてあった。この山の上は風が強い。雪解の頃になれば南の風が当るし、冬は沖から吹く …
作品に特徴的な語句
ひか たお 悪戯からかう こさ しばだた はずれ あたま ひややか じき どう せわ しょ 種々いろん たっ 年老としとっ いず たっ かぶ まっ おら もっ 色彩いろど ほれ ばかり 彷徨うろつ くすぶ 砂塵すなぼこり 漸々だんだん 汚物よごれもの 穿 こまか まつ きか 斯様こんな おのず 手折たおっ 崖端がけっぱた おお さぶ 赤地あかつち 女房かみさん 墨痕すみあと 頬被ほおかむ わき すぎ たか はじ 身慄みぶるい 父親てておや とっ 焚付たきつ すま 一陣ひとしきり 不幸ふしあわせ 乾固ひかたま 何処いずこ 何方どっち 偶然ふと かたわら 棚曳たなびい かか しば 昼過ひるすぎ 星晴ほしばれ つど ちら なで ゆす あが すさま ひら 出入ではい 出稼でかせぎ たきぎ 成丈なるた ふさが にわか 折々おりおり 悄然しょんぼり きれ 彼方あちら さき 頸城くびき 襟元えりもと 魂消たまげ うち 行衛ゆくえ やつ 轟々ごうごう