“達”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
19.0%
たっ18.7%
たち16.8%
たつ16.1%
とど10.6%
とゞ5.1%
だち4.0%
いた1.1%
たっし1.1%
さと0.7%
たし0.7%
たつし0.7%
とおる0.4%
いたる0.4%
たあ0.4%
たが0.4%
たっす0.4%
0.4%
だつて0.4%
だて0.4%
0.4%
つらな0.4%
0.4%
もと0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お絹の家の本家で、お絹たちの母の従姉にあたる女であったが、ほかに身寄りがないので、お京のところで何かの用をしていた。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「ペスでない、きっとほかのだよ。ちゃんは、なにをたのかわかりゃしない。」と、いちばんちゃんが、いいますと
ペスをさがしに (新字新仮名) / 小川未明(著)
この春高等小学校を卒業してからお幸は母が少しばかりの田畑を作ることゝ手仕事で自分を養つて居るのを心苦しく思ひまして
月夜 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
といふのが、幻花子が、小魔石斧や、完全土器などをしたので、余等發掘熱がそろ/\高度しかけたからである。
その男がエナ大学に着いて、暫くすると肝腎のヘツケル教授から手紙がカアネギイのところにいた。鋼鉄王は急いで封を切つた。
この人は自宅に居る折は、座敷に胡座をかいたまゝ、すぐ手をのばしたらきさうな巻煙草一つ、自分からは手にとらうとしなかつた。
冬の事、この老爺というのが、元来上手なので、近所の子供が夜になると必ず皆寄って来て、老爺をせがむのが例であったが
千ヶ寺詣 (新字新仮名) / 北村四海(著)
濶歩埋葬地の間をよぎりて、ふと立停ると見えけるが、つかつかと歩をうつして、謙三郎の墓にり、足をあげてハタと蹴り、カッパとをはきかけたる
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
吟味の前月までに組々の支配頭へ願書を出しておくと、当日五ツ半(午前九時)までに聖堂に出頭せよというがある。
半七捕物帳:11 朝顔屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
一にく、を以て貴しとし、ふこと無きをと為せ。人皆有り、れる者少し。を以て、或は君父はずして隣里ふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
屋敷方普請りにても二千兩けありしとなりれども彼の加賀屋長兵衞より借請し二百兩の事は八が算盤
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
に「翌廿三日出勤番入仕候」と書き足してある。今届と云ふ代に、当時と云つたものと見える。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
原敬も同郷の先輩であるし、そのオイの原は、盛岡中学で、おれ、きさま、の仲である。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
わたくしは小野節さんの口から親く関五郎の藤陰なることを聞いた。節はに引いた復に代る書を受けた泉蔵の裔で、継嗣順序より云へば其孫に当る人である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
三月三日のお雛様にはちゃんが女主人でうちの太郎まで御招待です。本間さんの一家がこの節は戸塚ですから子供の日で私は大いにたのしみです。この間は健造に将棋を一寸おそわりました。
唐は手に取つて視ると、大きさから、重さから、骨質から、釉色の工合から、全く吾が家のものと寸分はなかつた。
骨董 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
てロイドレ街にれば町の入口に馬車を待せ、幾度か彼の嚊煙草にてて顔色を落着けつゝ、二十三番と記したる館を尋ねて
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
おばこ此のぢよめえね(このごろ見えぬの意)風でも引いたかやと案じられ、コバエテ/\、風も引かねど親んちやんびしぐで(東北方面には濁音が多い)籠の鳥、コバエテ/\。
春雪の出羽路の三日 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
の議決の時には私の親しい友達ばかり、例へば漁夫の八郎丸、馬蹄鍛冶屋の大二郎、麦畑の小作人である誰々、その他十余名で、酒屋の亭主とか、ハツピー・フリガンや、または地主の長男
馬上の春 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
下谷一番しゃでござる。二両で帯買うて
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かしやがらあ。らしい穿いたとつて、他人にしやがる。へん、してくんねえ。」
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ニーロの冬籠る鳥、空にひて後、なほも速かに飛ばんためり行くことあるごとく 六四—六六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
貴重なる資源ルナビゥムを積みこむことが出来たので、新月号のスピードは予定のとおりにあがり、火星へする日も、予定日を狂わないだろうと思われた。
三十年後の世界 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そこりや貴方に御願ひ申して、手短く書いて頂きたいと思ひまして——どうして女の手紙といふものは斯う用がらないのでせう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
(三)ナニそれわ君の眼が如何かしてるのだ。
三角と四角 (その他) / 巌谷小波(著)
口子の臣は、その時、青摺衣を著て、紅の上紐をひらつかせて居た。紅の紐に水がいて、色がおりる。青摺りが、すつかり真赤になつた。口子臣の妹の口比売、皇后のお供として、この宮に居た。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)