“友達”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ともだち92.0%
ともたち2.0%
みなさん2.0%
アミイ2.0%
タワリシチ2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことしは芳之助もはや廿歳一兩年たるとよびばるゝぞとへばしさにをどりて友達ごともかしく
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
段々友達くなつて、ほんとにしいんですものね。お大事にしてさいね。」
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
彼女の稱號に從へば、彼女の友達ムシュウ・エドアルド・フェルファックス・ド・ロチスター(私は今迄彼のクリスチヤンネェムは聞いてゐなかつた)
イワンの父親は辻馬車のうえで青空へ向って欠伸をし、ナタアシャの母はそっと聖像をとり出して狂的な接吻を盗み、物資欠乏の背の重い「友達」たちが
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)