“嬉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うれ94.4%
うれし2.7%
よろこ1.6%
0.6%
たのし0.2%
うれしゅ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三人はこの頃の天気を恐れてみんな護謨合羽を用意していた。けれどもそれがいざ役に立つとなるとけっしてしい顔はしなかった。
初秋の一日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
このから、少年のちいさいにはきながおかれました。ましさににてく、しさににてしい物思をおぼえそめたのです。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
つまりさ、君が、日常んだり、怒ったり、考えたり、悲しんだりすることがあるだろう。その最も君にしたことを書けって言うんだ。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
互いにれしとも憐れとも思わぬようなり、紀州はそのまま行き過ぎて後振向きもせず、源叔父はその後影をめぐりて見えずなるまで目送りつ
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
我心はみたれど我舌はぼれたりき。フエデリゴ打興じて曰ふやう。此男は一の明珠なり。その一失は第二のヨゼツフたるにあり。
世を忍ぶ身を隠匿れたる志、七生忘れられず、官軍にぜんと、決心した我すら曇り声にせし時も、愛情の涙はれながら義理の正しく、ての御本望めまでう存じますと
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
在英中土宜法竜僧正から『曼荼羅私鈔』を受け読みると、塔中三十七尊を記せる内、阿閦、宝生、無量寿、不空成就の四仏がの四菩薩を流出して大日如来を供養し(内四供養