かの女の朝かのじょのあさ
K雑誌先月号に載ったあなたの小説を見ました。ママの処女作というのですね、これが。ママの意図としては、フランス人の性情が、利に鋭いと同時に洗練された情感と怜悧さで、敵国の女探偵を可愛ゆく優美に待遇する微 …
作品に特徴的な語句
伯林ベルリン 鬱憤うっぷん 嫌疑けんぎ 律義りちぎ 茫漠ぼうばく 日蔭ひかげ 尨大ぼうだい 駒下駄こまげた 咀嚼そしゃく 脂肪あぶら 探索たんさく 根気こんき やく 潔癖けっぺき 或時あるとき 仕草しぐさ 尚更なおさら 白雲しらくも 飄々ひょうひょう 不愉快ふゆかい 廃墟はいきょ 傍見わきみ 年若としわか 此頃このごろ 澎湃ほうはい 量見りょうけん 閑却かんきゃく 蒲公英たんぽぽ しか 出掛でか 多分たぶん あさ 青苔あおごけ 仲好なかよ 相伴あいともな 芽生めば 飛鳥ひちょう 一幅いっぷく 書生しょせい 露草つゆくさ 一対いっつい 小供こども 胸算用むなざんよう きのこ 甘酸あまず 問答もんどう 彼等かれら 一処ひとところ 承知しょうち 機敏きびん 極々ごくごく 醜態しゅうたい 魔性ましょう 筋骨きんこつ 土塊つちくれ 消化こな 変遷へんせん 心遣こころや 人夫にんぷ 器量きりょう 抒情じょじょう 鍵形かぎがた 不精ぶしょう 人懐ひとなつ 強情ごうじょう 底冷そこび 特種とくしゅ 模倣もほう 焼跡やけあと 修行しゅぎょう 閑寂かんじゃく 中背ちゅうぜい 意図いと 相変あいかわ 身持みも 標札ひょうさつ 取引とりひ 富豪ふごう 赤土あかつち 附随ふずい 幼稚ようち 天心てんしん 見度みた 地盤じばん 土砂どしゃ 愚直ぐちょく 断髪だんぱつ 樹海じゅかい 水々みずみず 隆起りゅうき 引締ひきし 優劣ゆうれつ 打突ぶつ 端正たんせい 卒直そっちょく 思念しねん 放心ほうしん 散見さんけん 法外ほうがい 性情せいじょう