かの女の朝かのじょのあさ
K雑誌先月号に載ったあなたの小説を見ました。ママの処女作というのですね、これが。ママの意図としては、フランス人の性情が、利に鋭いと同時に洗練された情感と怜悧さで、敵国の女探偵を可愛ゆく優美に待遇する微妙な境地を表現したつもりでしょう。フラン …
作品に特徴的な語句
たちどま がわ あく そく いっ くら かわ 鼠色ねず おさま むこ 可愛かわ おっしゃ おさ 童女どうじょ 如何どう はず あや くび 放心ほうしん あた きた にじ なく 助長じょちょう かわ 彼処あそこ こら うわ あが あぶ あるい よろこ こまや どころ かか 有難ありがと 富豪ふごう ともな ひま がた おさ 四辺しへん 御覧ごらん 相伴あいともな 心遣こころや 相償あいつぐ すく 思念しねん しま 性情せいじょう から 飛鳥ひちょう むか ひとり さき 愚直ぐちょく 一幅いっぷく 取引とりひ べに つむ そな にぎや あたた しか たく 静寂せいじゃく つら よう こま とま 出来でき 底冷そこび たび とびら ため 気持きもち