“鼠色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねずみいろ87.4%
ねずいろ3.6%
ねずみ3.6%
ねづみいろ2.7%
ねず2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空にえている山々の巓は、この時あざやかな紅に染まる。そしてあちこちにある樅の木立は次第に濃くなる鼠色されて行く。
木精 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
どこからともなく、薄灯がポーッと射した高座の下のあたり、鼠色の着物を裾長に着た、変な者がヒョロヒョロと立っているではありませんか。
余りの有難さに自分もまた涙聊か誘はれぬ、さて美しき姫は亡せ果てたり、美しき尼君はり出で玉ひぬ、青〻としたる寒げの鼠色法衣、小き数珠、殊勝なること申すばかり無し
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
其時小犬ほどな鼠色小坊主が、ちよこ/\とやつてて、啊呀ふと、からをひよいと、背後から婦人背中へぴつたり。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
茶店の床几鼠色羽二重襦袢をした久留米絣の美少年の姿が、ちらりと動く。今日は彼は茶店の卓で酒をんでいるのだ。
桃のある風景 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)