“黄色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きいろ88.5%
こうしょく2.3%
きん1.5%
くわうしよく1.5%
おうしょく0.8%
おうじき0.8%
きばみ0.8%
きろ0.8%
きんな0.8%
こんじき0.8%
わうじき0.8%
イエロオ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、懐中から、スケッチして、前方黄色くなった田圃や、灰色にかすんだ景色などを写生しにかかったのであります。
丘の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
見るものは黄色を帯びたる淡く軟かき緑色とこれに対する濃きとの調和に感じまた他の一作洲崎弁天海上眺望の図においては黄色と橙色との調和を
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
お綾の手に、抜いた刀はなかったが、貴婦人は二の腕にはめた守護袋黄色の金具をえていたっていう事です。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一帯に引続いた遠見の緑は沈鬱で、それに接した部分だけ空は重い黄色に光つて見えた。
灯火 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
然れども当時の板画はく単色の墨摺にして黒色白色との対照を主とし、これに及び黄色褐色等を添付したれども、こは墨摺のに筆を以て補色したるものなるが故に
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そこで屋形の船のひとつを私は小手招く、そこここの薄墨の、また朱のこもった上の空の、霧はいよいよ薄れて、この時、雲のきれ間から、怪しい黄色の光線が放射し出した。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
の黒い常磐木の間からは四阿屋屋根と花畠に枯れ死した秋草の黄色際立って見えます。縁先の置石のかげには黄金色の小菊が星のように咲き出しました。
監獄署の裏 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
境内木々黄色づいていました。
火を点ず (新字新仮名) / 小川未明(著)
太陽様が黄色く見えて、生汗が背中を流れて、ツクツク魚売人の商売が情無うなります。何の因果でこげな人間に生れ付いたか知らん。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
として、ただ霧のみであった海面にも、チカッと、黄色の光がねた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
のどけくもゆゆしき野火か山越しに黄色ふたあがれり
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
黄色タクシイの運転手に、インチキ英語を使って、とんでもない支那街に、連れこまれたことも、市場通りで、一本五十の赤ネクタイを買ったことも、今はしい思い出のひとつです。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)