新帰朝者日記しんきちょうしゃにっき
あゝ丁度半年目だ。月日のたつのは早い。日本に歸つてからもう半年たつた。また今日も風か。何といふ寒い風だらう。十一月悲しき十一月、冬が來ると世界中何處へ行つても寒い。亞米利加から歐羅巴、地中海から印度洋を旅して來た經驗から考へても、要するに神 …
作品に特徴的な語句
給仕ヴワレエ はづ 食卓テヱブル つくろ はて かゞやか はや 食卓テイブル ちひさ とゞま 仰向あふむき 姿態ポオズ もう 終局とめど はしら すくなか 彼方あつち いづ そつ とほり かたはら かへ 蒸氣スチーム はじま いそが かをり 寺院カテドラル 植込うゑごみ クレフ おもん うた とほざ かゝ あぢは あせ 華美はでやか かく そゝ しん 序曲ウウベルチユール さなが おく もとゐ 紐育ニユウヨオク かしま 明日みやうにち 𢌞めぐら 先達せんだつて きた ふるは 恍惚うつとり 到底とても 悉皆すつかり のが 合手あひのて ふか あき 景色けいしよく つたは 日光ひかげ 此樣こんな 何程どれほど 黄色くわうしよく 何故なにゆゑ 立出たちいづ 何人なんびと 溝際どぶぎは なに 突立つゝた ゑが だい 潜戸くゞりど 眞個ほんとう 二折ふたつを 關與たづさ 拍手かしはで みん 頷付うなづか 潜門くゞりもん 容貌きりやう 上下うへした あが うを 一層いつそう ふる ひま 敷布しきふ 早過はやすぎ 昇降あがりおり 一人いちにん あした