“幼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おさな23.7%
をさな16.0%
おさ10.9%
をさ10.3%
いとけな9.6%
ちいさ8.3%
ちい6.4%
いとけ3.2%
ちひさ3.2%
おさなき1.3%
うぶ0.6%
いと0.6%
うひ0.6%
0.6%
ちいさい0.6%
ちさ0.6%
ちっ0.6%
ちひ0.6%
よう0.6%
をさない0.6%
をさなき0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
って、あたりを見𢌞した袖子がなしにしいいにたれた。そのしみはれをげてしみであった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
七日々々追善供養も心の及ぶだけはめしが何分男の手一ツでき者の養育當惑は漸く近所などし摺粉
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
二人の刑事の顔、壮平爺さんの嬉しそうな顔、そして馴染の清子の無邪気な顔、——それが見る見るかな本牧の女の顔に変る。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
お谷さんは私の馴染ですが、四方屋の先の内儀さんが嫁に行く時お里からついて行つた人で、四方屋にだけでも二十年も奉公してゐる忠義者です。
き保の廊下に遊嬉するを見る毎に、戯に其臂を執つてこれをむ勢をなした。保は遠く柏軒の来るを望んで逃げれたさうである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
尫弱かったい頃の房吉の養育に、気苦労の多かったことなどを言立てる隠居のを、好い加減に房吉は聞流していた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
こりゃア神様のお引合せにえ、何うも大きく成りやアがったなア此畜生せえ時分別れて知れやアしねえ、本当に藤屋の娘か
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
我れ死んだら老いたる祖父ない妹はいかに歎くであろう、しかしこの瞬間に於いて我が死を止めてくれる者がないから仕方がないのだ。
愛か (新字新仮名) / 李光洙(著)
自分はい時乳母から、或お姫様がどう云ふ間違からか絹針を一本おの中へ呑込んでしまつた。お医者様も薬もどうする事も出来ない。
海洋の旅 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
縮をおる処のものはをえらぶにも縮のを第一とし、容儀とす。このゆゑに親たるものは娘のより此手習するを第一とす。
「この家でに思わるれば、お庄さんも幸福だよ。婿さんは若くてだし、物はあるしさ。」と、従姉手擦りにれていながらうらやましそうに言った。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
まだけなき少年の頃よりして、この故しらぬ靈魂の郷愁になやまされた。夜床はしろじろとした涙にぬれ、明くればの聲に感傷のはらわたをかきむしられた。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
そこで兵三郎のことといふと夢中になる娘のお輝をした。——お輝は一寸見は々しく、いかにも子供らしいが、もう立派な娘だ。
其様な事べえ云ってハア手におえねえのサ、もっと負傷アして片輪になる者さえあるだに、左様心配しねえがえと云うが、っけえ時から内気だから、ハア
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それはイエスが時から、愛誦したという歌であった。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
わしらは、けなときからゴリラをみてるだが、雨んなかを、死神にひかれて歩かせられてゆくような、ゴリラにかぎって北へゆかねえものはねえでがす
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
斎藤と彼の家とは昔から親しく往来してゐて、従つて繁代と彼とはさい頃から友達だつた。彼は、今迄繁代に一度も考へたこともない気持を初めて感じた。
眠い一日 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
より芝居寄席に至るをみ、また最も浄瑠璃めり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
唯今おびれたのの、たものにると、とも、とも、とも、ともらない、じいが、ずらりとんだ。……いづれも差置いた恰好異類異形したのである。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
我もし兎も角もならん跡には、心に懸かるは只〻少將が身の上、元來孱弱の性質、加ふるにより詩歌數寄の道に心を寄せ、管絃舞樂のしみの外には、弓矢の譽あるを知らず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)