“ちひ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チヒ
語句割合
90.6%
4.7%
千日0.9%
地皮0.9%
地被0.9%
年少0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
へば越中氷見大洞穴には、さいられてありますが、そのから石器時代遺物がたくさんにました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
軍人の中に馬鹿面をかぶつたさな児が出て来たので——見物人の視線は一様にその方にそゝがれました。
泣き笑ひ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
千日(酒)一筒給畢。いつもの事にて候へども、ながあめふりて夏の日ながし。
非常の霜、地皮が全くやけして了うた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
行きましたともさ、すぐに行つて種々聽いてきたの。今日もちよつと行つて來たのですの。あなたは、まだ年少さいから駄目なのよ。
日本橋あたり (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
斎藤と彼の家とは昔から親しく往来してゐて、従つて繁代と彼とはさい頃から友達だつた。彼は、今迄繁代に一度も考へたこともない気持を初めて感じた。
眠い一日 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)